閉店セールや開店セールに弱い

閉店セールや開店セールに弱い

セールと聞けば直ぐに足を運んでしまう方も多いと思います。特に閉店セールや開店セールはお得な率が高くなっている事も多いため、この言葉に弱い人もいますよね。確かにすごい掘り出し物が見つかって、90%オフなどお得な商品を買える可能性はありますが、実は無駄な買い物をしている事が多いともいわれています。開店セールもお得な商品は幾つかあっても、大抵はそれ以外の商品も買ってしまい思ったほどお徳ではなかったという事もあると思います。人はセールよりも更にお得に感じる閉店や開店という言葉に弱く、ついつい利用してしまう心理があるようです。
セールを利用しないほうが良いとはいいませんが、本当に必要な商品だけ買うように心がけてみましょう。閉店セールでお得だと思っていたら、実はセール価格となる商品をほかから仕入れてただ安く売っているだけの事もあるのです。本当に安い物は早い段階から売れてしまい、残り物を売るために新たなセールに見せかけるお買い得商品を仕入れている事もあるのだとか。これは福袋でも一緒の事で、在庫セールのものを入れたり、セール向けの安い商品を仕入れて中に入れている事もあったりします。見かけだけのお得感にだまされず、品質を見極めたり、本当に欲しい物だけを買うようにしてみて下さい。