消費税増税前の商品券買いだめ

消費税増税前の商品券買いだめ

消費税が増税される前に、消費税がかからない商品券を事前に買いだめしようと思っている方もいると思います。しかし、商品券には確かに消費税はかからないのですが、商品を買うときには別にかかってくるため注意しなければなりません。今買いだめしても後で買っても同じという事になってしまいます。
例えば今商品券を10万円分買っておいたとしても、商品券自体に消費税がかかっていないため、商品を買うときには別税で支払っているのです。消費税が10%になった時に商品を買えば、お得というのは間違った考え方です。今あわてて買えば商品券を買う費用がある程度必要になってくるため、もしかしたら生活費が足りなくなってしまうかも知れません。それでは何のために頑張って買いだめしたのかがわかりませんね。
消費税アップの際に買いだめしておくなら、商品をとして手に入れやすいもののほうが良いと思います。リフォームや住宅購入、車など高額になりやすいものは人気となっているようです。費用が高額となればそれだけ差額も出やすく、今買ったほうが良いと言えます。ただし商品券のようなものでは単なる無駄使いにもなりやすく、後で商品券だからという気持ちが働き、不要な物まで買ってしまう可能性もあるように思います。